ブランド戦略に基づくアクティビティプラン

img0

インテグレイティッド・マーケティング

特に中国では、デジタルメディアの台頭で、マスメディアにとどまらず、マーケティング、プロモーション、のポテンシャルや役割が変ってきています。
また先進国の技術や文化の導入が加速度的に進み、生活者の変化に対応することが重要になってきています。
そのことを前提に市場、競合、消費者や取引先の変化を分析した上で、企業のブランド戦略を策定していきます。

PDCA
KPIを設定し、それを達成するための計画を策定します。
KPIを達成するための実際の活動を展開していきます。
ROI予測をたてます。
成果の検証と次回活動の計画を策定します。
売上サポートのためのマーケティングのシステム化
デジタルを中心とした、PR活動、プロモーション、ECから実際の店舗誘導までを一元化していきます。
ブランド・アイデンティの構築
新規ブランドやブランド再生のためのCI・VI策定を行います。
トップ・インタビュー
経営トップから「企業」を広く知らせ、企業と生活者を直接結びつける活動です。

コミュニケーション(戦略的PR)

タッチポイント
中国の生活者がどこから情報を得ているのか、またその情報がどのように拡散しているのか、変化の激しい中国におけるタッチポイントをキャッチアップしてます。
コンテンツ
メディア環境の変化に伴う、適合したコンテンツの制作を行います。
発信という概念から、さらには拡散という概念にマッチした情報コンテンツの制作を行います。
クロスメディア
情報発信、拡散、そして行動に至るまでのデジタルメディアの活用の最適化を図ります。
KOL
理解できる、共感できる、信用できる、身近な情報発信者の活用を行います。
KOLの栄枯盛衰をキャッチアップし、常に”情報発信力”をKOL選択の基準にしてます。

デジタルメディア

デジタルメディア・プランニング
情報発信とその拡散は、デジタルが特に中国では主流であり、マスメディア活用に比べて、コスト低減は計り知れないものがあります。
メディア環境の変化が激しい中国ならではの情報発信、拡散を目標にしたデジタルメディア・プランニングを行います。

中国独自に発展した微信、微博などのSNSやT-MallなどのECなど、デジタルメディアのキャッチアップも欠かせません。

自社HPを受け皿とした、微信や微博などのSNS活用マーケティング・プランの策定を行います。

PRプロモーション

プロモーションは「情報発信」するもの、と考えます。

記者発表会
デジタルメディアの発達で、国土の広い中国では航空運賃や宿泊費をかけずに、リリースを配信します。
直接来れない地方メディアとのリレーションづくりは別途計画していきます。
特にデジタルメディアの即効性、拡散性を重視しています。
店頭やイベントスペースにおけるプロモーション
直接商品と接することのできる機会の創出になることから、PUSH&PULL戦略をお手伝いします。

事前の店頭誘引計画を策定します。
即、販売につながる施策を策定します。

デジタルメディアによるキャンペーン・プランの構築
デジタルメディア内での情報収集からデジタルメディア内での購買(EC)に至るまでを支援します。
デジタルメディアにおける店頭誘引と店頭購買を促進するプランを策定します。
現使用者の情報発信機能化、すなわち現在未使用の見込客への情報発信を促します。
トータルキャンペーンの運営・管理
PDCA管理
デジタルメディアを中心とした情報発信・拡散から、販売に至るキャンペーンの運営管理を行います。

コンテンツ制作

デジタルメディアに対応した、拡散できる映像・画像情報の制作を行います。
HP上の映像や記者発表会・PRプロモーションイベントなどのプロモーション施策は情報コンテンツになります。
低コストオペレーションを前提に、最適な情報上映時間の設定を行います。

拡散情報が集約されるHPが重要になってきます。受け皿となったり、名簿管理など、HPの機能向上を目指します。
顧客見込者の情報集約、情報拡散などの機能を持つHPやそのコンテンツの制作します。

ページ上部へ戻る